塩嶺王城パークライン
ハーフマラソン大会

コースガイド

スタート
鳥居平やまびこ公園

コースは鳥居平やまびこ公園前からスタートします。

山岳マラソンという名前にふさわしいスタート直後の勾配の険しい坂がランナーをお出迎えします。

事前のウォーミングアップは念入りに!!

ポイント ②
勝弦峠

最初の分岐点で左折。

このポイントは、由緒ある峠であり、天文17年(1548年)に信濃守護小笠原長時(信濃四大将)を武田晴信(信玄)が奇襲した、「塩尻峠の戦い」の舞台とされる。

ポイント ③
パークライン展望台

スタートから2km地点。

パークライン内のベストスポットで一息。

諏訪湖、八ヶ岳を一望して、呼吸を整えましょう。ここから先は、下り坂です!

ポイント ④
しだれ栗展望台

下り坂の途中で360度パノラマの展望台があります。

天気の良い日は、「八ヶ岳連峰」、「北アルプス」、「南アルプス」を一望することができます。

展望台への入り口はコース内にありますので、レース後に是非お立ち寄りください。

ポイント ⑤
しだれ栗森林公園

折り返しポイントに国天然記念物にも指定されている「シダレグリ自生地」があります。

しだれ栗は、枝が傘状に垂れ下がっていて、自然の不思議さを感じさせてくれます。

枝垂れた枝は、昔、弘法大師が栗の実をとりやすくするために枝を下げてくれた、栗が天狗の食糧で天狗が腰掛けたため枝垂れた、などの言い伝えがあります。

コースからみれますので、余裕がある方は是非ご覧ください。